なかえこどもクリニック [小児科] 〒243-0432 神奈川県海老名市中央3-3-1 駅前クリニック・モール2F 



クリニックの診療方針
誠実・やさしさ・思いやりの心を大切に、こどもの立場を尊重した医療を
めざします。

1 こどもとご家族に安心の提供を
不安をかかえてクリニックを受診されるお子様とそのご家族に、単なる薬の処方にとどまらず、できるだけ正確な医療の情報を、わかりやすいことばでお伝えするようにいたします。病気に対する不安が少しでも解消されてクリニックを後にしていただけるような対応をこころがけてまいります。

2 こどものための医療を
診察や処置の際に、お子様の恐怖感・不安感を軽減させるための工夫・努力を行ってまいります。
また、どんなに小さくとも、お子様の人格を尊重し、こどもの立場に立った医療・ケアの実践をこころがけます。

3 障害を持つこどもたちが、地域で幸せに暮らすためのお手伝いを
以前の勤務先である神奈川リハビリテーション病院(厚木市)での経験を生かし、あらゆる障害児と、そのご家族が安心して受診できるクリニックづくりをめざします。障害をお持ちのお子様でも不安感なく、スムーズに受診していただけるよう、努力いたします。また、専門外来として発達外来を設け、お子様の発達や障害に関するご相談もお受けいたします。




ヒポクラテスの誓い十カ条
ヒポクラテスの誓い十カ条は、私(院長)が昭和59年に大学医学部を卒業する直前、内科の最終講義で教授の先生がプリントにして、もうすぐ医師となる私たち学生に配ってくださったものです。
医師としての心構えが簡潔な文章の中に明確に書かれており、深い感銘を受けたことを憶えています。当時の授業のノートなどはとっくに捨ててしまったのですが、このプリントは医師となって20年以上経った今も大切にとってあります。
これからも折りに触れこの十カ条を読み返し、常に初心を忘れずに診療を行って参りたいと考えています。


病を医するは自然であり、医師は自然のしもべであります。
生涯を人類のために捧げ、人間の生命を至上のものとして尊重します。
病める人の身心を癒やし、健康を護ることを第一の義務とします。
謙虚、信念、誠実、仁愛をもって医療を行ない、人びとから尊敬と信頼を得るようにします。
如何なる強い圧力に逢っても、人道に反する目的のために、医学知識を利用しません。
人種、宗教、国籍、政治、経済、社会的地位の違いによって、病める人を差別待遇しません。
病む人が打明ける総ての秘密は堅く守ります。
師を敬い、感謝を捧げ、同僚を兄弟と見なします。
生涯を通じ、絶えず医学を修め、医術を磨き、医業の面目と尊い伝統を守りつつ、その進歩発達に尽くします。
私は医師として、以上を自由意思により、名誉にかけて堅く誓います。


 COPYRIGHT (C) 2004-2013, NAKAE KODOMO CLINIC, ALL RIGHTS RESERVED.